健康を維持する為の食事管理の大切さ

健康とは実に有り難い、と体調を崩すといつも痛感します。そして回復すると、あれだけ痛感した思いも忘れ、日々の忙しさを言い訳に無理な生活に戻り、また体調を崩し反省するパターンを繰り返してきました。
そんな私に目の覚めるような出来事がありました。

料理好きが高じて管理栄養士の資格を取得した友人が、不規則な生活でバランスの偏った食事をする私を見かねて、1週間の献立を立ててくれたのです。最初は今の生活で料理をする余裕はないと断りましたが、熱心に食事管理の大切さを訴える友人の優しさに根負けし、初心者用に作ってくれたレシピを参考に1週間努力しました。

すると、体調がすこぶる良いのです。半信半疑で1ケ月分を依頼し、何日かは怠けましたが、ほぼ友人の献立通りの食事管理を徹底して過ごしました。その結果、食事管理が健康に与える影響力に脱帽しました。

健康と言っても、1ケ月で何が分かるのか、とお思いでしょう。些細な事なのです、3食きちんと食べ、バランスの良い食事をする事で、まず肌のトラブルが目に見えて改善されました。そして長年の悩みだった便秘も解消されました。仕事内容に変化はないので、相変わらず不規則な生活は続きますが、以前に比べて疲労回復力が上がる変化はありました。恐らく、免疫力もついたのでしょう。周りに風邪をひいた人がいると直ぐに感染していた私が、手洗いうがいという今迄と同じ対策で乗り切れたのです。

バランスの良い食生活は、精神の安定にも繋がると友人に教えられました。
きちんと栄養を摂取していれば、無駄にイライラせず攻撃的にならない。これは長年の研究で証明されている事実だそうです。この1ケ月と1週間の経験以降、手間を掛けない食事管理を自分なりに考案し、健康維持に努めています。
私の日常的な健康維持と食事管理について

私が基本的に毎日継続している健康の維持のための方法があります。その中でも特に重要視している内容は食事管理になります。

1日に3食を摂取することを心掛けており、朝食は軽めに摂取して、昼食は外食を行うこともあります。夕食に関しては多くの野菜類と和食をメインとしていることが多く、摂取する量などに関しても食事管理を徹底していることになります。例えば間食を摂らないことも基本的な部分として継続しており、夜間などに空腹になった場合でも、できるだけ菓子類を食することを避けていることになります。

 

菓子類や糖質の入った食品に関しては、特別に除外するということではありませんが、何事も適量というものがあるために、食事管理の中では常にバランスの良い食生活を送ることによって健康を保つことに役立っている状態になります。和食は世界的に見ても身体に良い影響を与える食品が多いとされている一面を持っていますが、私のケースでは、肉類も適切に摂取することも行っており、食事管理に関しては十分に配慮を行っています。

実際に体重や体脂肪率に関しても、20代から40代まで変わらない数値を保っている状態になり、食事管理と同時に身体を鍛錬することも行っています。私の食事健康管理法

例えば健康を意識するならば、ウォーキングやランニングを行うことも基本的な項目として考えており、一般的に室内で行うことのできる筋肉トレーニングなども週に何度も行っていることになります。身体を鍛えることに関しては、健康維持につながる部分が大きく、例えば余計な怪我を減らすこともでき、内蔵機能等に関しても、ある程度の運動を行うことによって良好な状態を保つことができると考えています。

その結果として健康体を維持している状態になり、今後に関しても継続していくことを希望しています。